>>このブログの存在意義について

出稼ぎ風俗で現地入り後のトラブルを回避する3つの方法

 

スマホでネット検索「出稼ぎ 求人」で調べ、求人サイトから出稼ぎ先を選ぶ女性は多いですよね。今回はこの流れでトラブルにあっている女性向けの記事です。

 

求人サイトから出稼ぎにいって”現地に着いたら事前に聞いていた勤務条件と違った”という確立です。

出稼ぎ風俗でトラブルに合う確率

1度経験している方:50%

2度経験している方:60%

3度経験している方:95%

1回出稼ぎに行けば2分の一の確率でトラブルにあい、3度経験している女性の中では100人に95人がトラブルにあっているというデータです。

 

出稼ぎトラブルはなぜ頻繁に起こってしまうのか?

すごく簡単です。

事前のやり取りを怠るからです。

女性側は、知らないお店に自分のプロフィールを教えたくないから、細かい情報は送らない方も多い。

良い条件で働きたいから、盛り写メをお店に送っているケースもあります。

体重を低く伝えていたり、タトゥーやリスカ跡などを伝えていなかった。

 

このようなケースで、現地入り後に採用条件を変えられたり、せっかく遠いところから出稼ぎに行ったのに不採用になって帰ることになる女性が多いのです。

 

”採用です!”という言葉を当てにしてはならない理由。

お店側としたら、あまり詳しい情報を聞くと嫌がる女性が多い。嫌がるという事は、来てくれない可能性が高くなる。

だから、大した情報を伝えて居なくても”採用です”と言われることが多いのです。

という事は、ここで言う”採用”は信じてはいけないのです。

 

風俗店側としては、あまり女性に細かいことを聞くと出稼ぎに来てくれなくなる。

女性側としたら、あまり詳しくプロフィールを求められると、怖くなっていきたくなくなる。

このようなお互いの心理状況により、トラブルが多くなっているのです。

 

風俗店としても、来てもらってから不採用にするのは無駄な時間だと思っているはず。

女性としては、もちろん無駄足です。さらに交通費なども負担することになるのでお金も時間も無駄になります。

このようなトラブルを回避する方法とすれば、一番良いのは、全店舗で動画面接の徹底。LINEのビデオ通話などですね。

全店舗が足並みそろえて採用すれば、この業界はビデオ通話が普通になる。

出稼ぎ風俗に行きたい女性も”ビデオ通話が普通なんだ”と思います。

普通ならやるしかないのです。

少しの角度で印象の変わる写メでは判断できないのです。

女性側も、”この写メなら盛ってないし大丈夫だろう”と思っても、それはあくまでも自己判断。

風俗店としては、”写メと全然違う・・・”と思う可能性は高いのです。

 

まとめ

・”採用します”は信じてはならない

・事前に伝えるべき情報は全てしっかり伝える

・ビデオ通話面接をすることでトラブルは軽減される(女性側からビデオ通話面接を提案して、もしも”出来ない”と言われたら信用しない)

こんな感じですね。

ただし、この3つを徹底したとしても、100%トラブルに合わないということはありません。

トラブルにあう確率が多少なりとも軽減されるというだけのことです。

そして、全店舗でビデオ通話面接が義務付けられる日はこないでしょう。

なぜなら、女性としてもビデオ通話面接は嫌だからです。

 

ご不安な方はどんな事でもお気軽にご相談ください。