>>このブログの存在意義について

マイナンバー制度が始まるとキャバ嬢や風俗嬢がいなくなるという記事について

マイナンバー制度が始まると、本業の就職先や親にバレてしまうため、キャバ嬢や風俗嬢がいなくなる という記事がたくさんあります。

これまでいくつかマイナンバー記事を書いてきましたが、更に マイナンバーに怯えなくても良いという記事を書いておきます。

マイナンバーにはおびえなくても良い

マイナンバー

風俗店にマイナンバーを伝えなければいい。

風俗店がちゃんと申告をしていなければマイナンバーなんて関係のない話です。

ということは、風俗店からマイナンバーを聞かれることはないでしょう。

マイナンバーを伝えなければ、バレることはない

※念のためですが、本来は申告はしなければなりません。ただ、風俗で働いていることをオープンにしている女性は、ほぼいません。

となると、バレてしまうわけにはいかない。

どうしたらマイナンバーでバレるのか?

バレる理由はかんたん。

【本業がある人】
会社がマイナンバー聞いてきます。
あなたは教えます。
会社は、このマイナンバー(あなた)に〇〇円払いましたと、国に申告します。

風俗店もマイナンバーを聞いてきます。
同じように国に申告します。
本業と風俗での申告が同じ番号なので合算されます。

このマイナンバーの人はこれだけ収入あるので、住民税はこれだけです。

と通知がきます。

会社から住民税天引きされている場合は、本業の会社に請求が行きます。

本業の会社からすれば、いつも払ってる給与より住民税が多い!

副業してるでしょ?となります。

どうすれば回避できるか?

冒頭でも書きましたが、副業先にマイナンバーを申告しないことです。

マイナンバーの申告は、強制ではありません。

マイナンバーを聞かれて伝えなくても、罰則などはないということ。

風俗店側からすれば、キャストが減るのは痛手。

無理にマイナンバー教えろ!となることはは無いと思います。

ちなみに、副業の収入は、一年以上遅れて申告をすると、給与所得であっても過年度分は、住民税は会社には通知が行きません。自分の家に納付書が届きます。そこで納めれば、申告の面からもクリアとなります(提出が遅れる事で、延滞にかかわる税がプラスされます。バレるより全然良いかと)

まとめ

現状は安心してOKですが、今後 ルールが改正されていくことも考えられます。

ここ2、3年は大丈夫と思いますが、今のうちから計画的に進めることをお勧めします。

今、世の中で出まわってる記事は正直必要以上に煽っています。

それを全部鵜呑みにせず、タアDシイ情報だけをしっかり見極めていくことが重要です。

いつでもお気軽にご相談ください。

※税金関係でお悩みの店舗さんもお気軽に。