>>このブログの存在意義について

風俗店側が考えている、出稼ぎでの保証制度とは?

出稼ぎ風俗に行く女性の中には、当たり前のように保証を求める女性が多くなってきました。

女性は当たり前と思っているが、風俗店側はどう思っているか?

まとめておきます。

風俗店側の考える保証とは何か?

風俗店が考える保証制度
“お客様にそれ相応のサービスを提供してくれるなら保証を出します。”という約束のこと。

適当に接客をしている女性は、保証をもとめてはいけないということです。

風俗も立派なお仕事。

風俗店のスタッフさんたちが、ウェブサイト作り運営し、高い広告費を払い、お客様の対応をし、デリヘルならドライバーさんが送り迎えをしてくれることによって、女性は稼げているのです。

そして、よく勘違いしている風俗店も女性もいますが、

ビジネスパートナーとしてのマナーがなっていない女性や風俗店。

女性に偉そうにする風俗店もあれば、

風俗店スタッフに偉そうにする女性もいる。

女性は風俗店がなければ稼げないし、風俗店は女性がいないとビジネスにならない。

お互い(店と女性)がしっかりとビジネスパートナーと認識してこそ、お客様も満足され、リピート顧客も増えてくる。それによって風俗店も女性も稼げるのです。

スタッフがお客様の接客を怠り、女性の接客も悪ければ、お客様はその店に二度と来ない。

スタッフも女性もしっかり接客していれば、お客様はまた戻ってくる。

この積み重ねにより、人気店や人気な女性になれるのです。

保証制度に対しての解釈を、出稼ぎ風俗に行かれてる女性全員が変えていかないと、この先 保証制度というもの自体がなくなるかもしれません。

既に、

保証を求める女性=質が悪い

と、感じてる風俗店も多いのです。

※風俗店側ではなく女性の味方です。

今回は風俗店側の立場で記事を書きました。風俗店の肩をもっているわけではなく、この先もずっと 女性にとって良い条件で働ける環境が増えてほしい。続いてほしいという思いで書いているので、クレームはご勘弁を。せっかくある保証制度が、この先、廃止されるようになったらもったいないので・・・

まとめ

保証制度とは、”設定された金額に見合うサービスをお客様に提供するので◯万の保証をください” ということ。当たり前のように保証制度をつかって出稼ぎに行っている女性は頭に入れておくと、今よりも働きやすくなるでしょう。