>>このブログの存在意義について

【マイナンバー制度・風俗嬢】風俗で働いているとバレるのか?

出稼ぎトラブル記事まとめ保証額や見込み稼ぎ診断フォームLINEで相談メールで相談出稼ぎ先の探し方

マイナンバー制度がスタートした事により、

 

風俗で働いている事がバレてしまう…

 

と、不安に思われている女性も多い。

 

実際に風俗で働くのをやめた女性もいれば、実施されるタイミングでやめた女性も多いと思います。

 

マイナンバー制度で心配な事

 

・風俗で働いている事が国にバレてしまい、何らかの流れで家族や親族などにバレてしまうのではないか?

・これから就職する予定なのに、マイナンバー制度により、風俗で働いていたことが就職先にバレてしまうのではないか?

・風俗店のスタッフは「大丈夫」と言うけど信用できない。

・ネットで調べると「風俗で働いているとバレてしまう」など書いてあるので不安。

・税金を払っていないことがバレてしまうのではないか?

と、心配している女性は多い。

この手に関わる方や、私自身で色々と調べてみたところ、現時点では、すべて問題ないという調査結果でした。

ここから下にその理由を書いています。

風俗嬢とマイナンバー制度について

風俗嬢のマイナンバー制度

マイナンバー制度とは?

全ての日本国民に、12桁の個人番号が割り当てられ、国が個人を特定・管理を可能にする制度。

働いていても問題がない理由

あなたが風俗店で働いているという事を、風俗店は国(税務署)に申告していない。

風俗だけでなく、キャバクラやセクキャバなども同様。小規模なお昼の会社なども同様です。

本当に大きな企業でない限りは、従業員のリストや稼ぎは、国に提出していないということ。

風俗店は、働いている女性のリストを国に提出する義務はない。

現時点では、風俗店で働いている税務署に提出する義務はない。

風俗店では、誰がいくら稼いでいくら支払ったか などの管理はしてる。でも風俗店側が保管しているだけ。それを提出する義務はない。

国に働いていることを提出される可能性は?

現時点では0%。

風俗店自体に国税が入ったとしたら従業員リストが税務署にいくことはありますが、過去にこの流れから女性にまで税務調査が入ったことはありません。

まとめ

マイナンバー制度の導入により、風俗で働いている事がバレるリスクは現時点ではゼロ。

マイナンバー制度の導入により、親バレ・彼バレ・国バレなどの可能性はないということです。

この先に関しても、ないだろうと踏んでいます。なぜなら、国はまだまだナイトワーク業界のことを見て見ぬ振りをしているところがたくさんあるから。

もしも、このマイナンバー制度について変更があり、女性の個人情報の申告が義務可されバレてしまう可能性が出てきたとしたら、ご相談いただいている女性の皆様にはすぐにご連絡するのでご安心を。

それでも不安な女性は、申告していないという出稼ぎ風俗店をピックアップしてご紹介することもできますのでお気軽にご相談ください。

※ 念のためもう一度。申告していないということは法的にも問題はありません。申告(法定調書)は義務化されていない。

まわりに悩んでいる女性がいたら、この記事をぜひ紹介してあげてください。

※まだマイナンバー制度について物足りない女性は >>マイナンバー制度(続き)<< からどうぞ。

当ブログの記事は無断転載禁止です。
あまりにもパクるサイトが多いので対策しました。


-----------------------------------
※出稼ぎ 風俗に関するご相談(無料)は 【問い合わせフォーム】 どうぞ。
LINEからは下記【友だち追加】からどうぞ。 友だち追加
このブログの更新情報だけ知りたいという女性は友だち追加で可能になります。※登録だけでこちらからメッセージがいくことはありません。また、出稼ぎに行くことが決まっていないけど「わたしはいくらぐらい稼げる?」「保証はいくらぐらいでる?」「マイナンバーって大丈夫?」というご相談だけのメッセージをいただくことも多いです。出稼ぎの優良店情報を教えて欲しいという女性もお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です