>>このブログの存在意義について

出稼ぎ風俗で客層が良い地域(県)はどこか?

東京は夏日和が続き、暖かくなってきた事もあり、夏に向けての出稼ぎのご相談が増えてきました。

早めにスケジュールを立てて出稼ぎに行くということはとても良い事。

明日から出稼ぎに行きたいんですが…というご相談もいただく事がありますが、急過ぎて良いご提案は出来ません。

先の事はわからない。とは言わずに、スケジュールを早めに調整していく女性はしっかり稼げています。

出来るだけ効率よく稼ぎたければ、早め早めにスケジュールを調整していきましょう。

客層が良い出稼ぎ風俗について

出稼ぎ客層

女性から客層の相談

「客層が良いところに出稼ぎに行きたいのですがどこが良いでしょうか?」

「出稼ぎに行きたいのですが、客層が良いお店を教えてくれませんか?」

このようなご相談をいただくことは多いです。

どのように回答しているか?

詳しくあなたの情報を教えてもらえないとわからない。

とお答えしております。

なぜこのように回答しているのかを下にまとめていきます。

客層が良いのは何県?

女性が感じるのは、話し方によって、客層が良い悪いを判断してしまうこともあります。例えば、方言が優しいエリアで育った女性は、方言が強く感じるエリアに行くと、客層が悪いと感じてしまうことも。方言が優しいエリアに行くのが良いでしょうね。

客層が悪いのは何県?

方言がキツいエリア。そして、ソープでお探しの女性には関係ないですが、ヘルス系でも本番が当たり前になっているエリア。○○流 と言われるエリアですね。全国にいくつかあります。そのエリアだと、本番強要が強い。もはや本番が当たり前と思っているお客様ばかり。

業種によっても違う

ヘルスやデリヘルなら、客層が良いか悪いかの判断は、本番強要に対するところが大きい。ソープなどでは、生で入れようとしてきたり、ガツガツ強引だったりなど。業種によっても、客層に対する感じ方は違うのです。

客層に対する感じ方は人それぞれ

例えば、Aちゃんが東京のデリヘル「ラブ」という風俗店に出稼ぎに行ったとします。Aちゃんは「すごく客層良かった!」と思ったとします。

BちゃんもAちゃんが行った東京デリヘル「ラブ」に行ったとします。感想は「客層最悪だった…」という可能性もじゅうぶんにあるのです。

聞かれて困る事

あなたの事を何も知らない段階で「どこが客層良いですか?」と聞かれること。客層が良いエリアをお伝えして、そのエリアで女性ご自身が出稼ぎ先を探したとしても、失敗する確率が高い。

あなたがどんな女性かを知った上で、やっと、ここの風俗店が良いと思います!と言えるのです。

客層が良い風俗店の正しい判断の仕方

誰が出稼ぎに行くか×どこの風俗店に行くか=客層が良い出稼ぎに出会える

↑この掛け算には、地域は入ってません。客層の良い出稼ぎ先の探し方で、問題なのは地域ではなく本当はもっと難しい。お店によって客層は違うのです。

まとめ

客層に重点を置いて出稼ぎ先を探している女性は、一度 客層が酷い地域に行ったか。もしくは今の在籍店が客層が酷いか。もしくは信じるべきでないネットの情報を見すぎているか。客層が良い という判断は女性それぞれによって違います。どのエリア(風俗店)に行けば客層が良いかを知りたい場合はお気軽にご相談ください。